荒立神社 と くしふる神社

荒立神社は猿田彦のミコトと アメノウズメのミコトが 結婚して 住まわれた地  芸事の 神様としても有名 境内横の 木立の中にいて 心地いい空間 くしふる神社は ニニギノミコトが 三種の神器を持ち 天降りされた聖地       ここの社の 横の彫刻が 素晴らしい このあと ホッタリカさん オススメ一番の秋元神社に行こうと 秋元神社は 山の上で 狭い一本道 近そうに見えてもかなり大変ですよと ホッタリカさんからも レンタカーの人からも言われていました しかし  リリアナさんも 久しぶりの運転ながら だいぶ慣れてきました おっかなびっくり 秋元神社へ チャレンジ ナビに 秋元神社と入れて 走り出します 目的地まで45分 まあなんとか 日暮れまでに戻れそうかな 走り出して 15分 カーナビとiPadのナビが あらぬ方向に走って行きます 目的地と反対の 方向に、、、、 途中... 続きを読む?

天岩戸神社と天安河原

q天岩戸は 日本神話の有名な一場面である“岩戸神話”の舞台と伝えられています 「太陽の神であったアマテラスオオミカミは、弟神・スサノオノミコトの粗暴な振る舞いを避けるように洞窟(天岩戸)の中に隠れこもってしまった。そのため、世界は暗闇となり、困った八百万(やおよろず)の神々たちは天安河原(あまのやすかわら)に集まり策を練った。」 天岩戸神社は その 岩戸の洞窟が御神体なので 本殿がありません。   拝殿の後ろにあるため 岩戸が見えないので 社務所にお願いして ご神域に 入れていただき 岩戸を拝することが できます 様々な説明を受け 20分 こちらは 撮影禁止です ご神域で 岩戸を 拝したあと そこから 500m 下った 渓谷に 八百万の神が集まり 相談したという 天安河原が あります 険しい渓谷の中の 遊歩道を 20分も歩くと そこは 別世界        この橋の中央... 続きを読む?

高千穂神社

高千穂の 朝は 雨  けれど空気が清々しい    博多から 高速バスごかぜ号に乗って 4時間 昨夜 高千穂に 着きました タンゴの節句後 ここ数年 そのまま帰るのも もったいないからと 鹿児島、屋久島、奈良、京都と ツアー後 旅行を企画し 今年は 念願の 高千穂 を 訪れました このような旅行 どう足を手配し どこに泊まり と 考えるの 好きなんですよ ネット時代 便利ですね 神社仏閣マイスターのホッタリカさんから 貴重な情報を 得て いざ 出発 軽自動車の レンタカーを 手配し リリさんの 運転で 回ります 天孫降臨の地といわれる高千穂にある神社     夫婦円満・友情・家内安全・子孫繁栄などのご利益がある 夫婦杉 を 手をつないで3周すると 夫婦も友人も縁が強くなるというのでまず3周 巨木のあるところ 地の パワーがあります そして 心の悩みや 世の乱れを鎮め... 続きを読む?

熊野を巡る旅へ その4 熊野川下り〜熊野速玉大社

熊野古道発心門王子ー熊野本宮大社を歩いて 12:00過ぎに大斎原へ到着 あーーよく歩いた 午前中でした 本宮大社下 バス停を 確認した後 昼ごはんは カレーうどんと 鴨南蛮うどん 13:30のバスに乗り20分 日足というところで降りると 係の人が待っていて 熊野川下りの 事務所に連れて行ってくれます 熊野川下り、、、、 最初は ジェット船による 瀞峡を巡るツアーを予定していたのですが 10月の台風で航路が 修繕中のため運行していませんでした 急遽 小舟による 熊野川下りに 変更しました 事務所で 手続きをして 同乗に観光客の方とともに車で 熊野川へ 日除けの笠をかぶり ライフジャケットを着て 小舟に乗り込み 今日は珍しく 日本人ばかりという 9人 満席です 天気もいいですし こんな日は 舟遊びも オツですなあ 前に 語り部のおじさんが座り 歴史や 風景 滝  岩の説明をしてくれます ... 続きを読む?

熊野を巡る旅へ その3熊野古道発心門王子ー熊野本宮大社

山の朝は 寒い 天気予報は 快晴なのに 山は霧でおおわれている 6:30に起き 7:00朝食 朝から心尽しのおかずに ご飯が美味しい 川辺を散歩していると 2階に泊まっている 外国人の2人が 手をふってくる 熊野にも 外国人が多い バスを使って移動している人は ほとんどが 外国人 それも アジア系の方々ではなく 欧米系 皆 ストックを持ち 山歩きの装備をして来ている 熊野古道を すべて歩き そして ピレネーから スペインにたどる サンティアゴ デ コンポステーラ 巡礼の道を歩く そんな人たちが熊野を訪れる外国人なので よく調べてきているといいます 8:23のバスに乗り 山奥に入り 発心門王子ヘ バスを待っていると 違う方向へ向かうバスの運転手さんも どこへ行きますか?と声をかけてくれる 1本バスを逃したら 数時間はないので みんなが親切 その頃には 霧も晴れ 青空が広がってきました 熊... 続きを読む?

熊野を 巡る 旅へ その1 熊野那智大社 那智の滝

いつか 歩きたいと思っていた熊野古道 いつか いただきたいと思っていた熊野三山の御朱印 いつか いつか と 思っていては 永遠にいつか なので 今年中に 行くことを 計画しました 土曜の22:05 新宿バスタ 発の夜行バスに乗ります 土曜の夜 夜行バス乗り場は たくさんの人 日曜 朝 7:35 南紀新宮 に到着 天気は良く 爽やかな 朝です バスの中からの日の出 7:56新宮発の電車で 4駅 8:15那智駅へ この 那智駅から 7km 熊野古道を 熊野那智大社、青岸渡寺、那智の滝、、へ 歩きます まずは 駅の近くにある 浜の宮大神社 そして隣の 補陀洛山寺へ 補陀洛山寺へ お参りしていると お寺の方が 「今 観光バスが来て 説明しますので ご一緒にどうぞ」と この補陀洛山寺 も世界遺産のひとつ 井上靖の小説「補陀落渡海記」の題材にもなっている 補陀落とは サンスクリット語で 南方彼... 続きを読む?