7 X 7 = 49

四十九日とは 故人の魂の行先が決まっておらず、 現世とあの世の間をさまよいながら、 7日ごとに閻魔大王ら十王によって裁かれ、 その裁きの7回目、七七日(なななぬか)すなわち四十九日に最後の裁きが下され、 あの世の決められた行先に向かって旅立つ日とされています。 それまでの間 母の遺骨は 東京のワタシのアパートにあり 毎日線香をあげ ワタシの彫った地蔵菩薩に 護られていました 地蔵菩薩は出家僧の姿で、地獄・餓鬼・修羅など六道をめぐりながら、 人々の苦難を身代わりとなり受け救う菩薩 そして東京からまた 実家へ母を持ち帰り 四十九日法要 仏像を 彫り 毎日写経を御朱印回りをしているワタシですが あまり 信心深くないのですが 今回 母の病床に付いたり 遺骨と一緒にいたりして 日本の 葬儀の システムに 身をもって感心いたしました 四十九日法要、納骨、集まってくれた親類縁者との会食 それでもって ... 続きを読む?

イノシシ年の前日に ナマのイノシシに遭遇

お正月休み 実家に帰り、昼は 桐生を御朱印で巡る そして 中学時代の同級生たちと ランチ会 夜の飲み会 大晦日 高校時代の大里さんと 篠原さんとの経済談義 大里さんは桐生再生 機構で働き この故郷の未来を考え 篠原さんは 経団連で 日本の未来を語る その前に 恒例の カワチ君との 山歩き この故郷の山を 知り尽くしたカワチ君の 案内で 松田ダム湖から 赤雪山を登り 仙人ケ岳から また 松田ダム湖に戻るという行程 いつものように ワタシの家に8:30に迎えに来てもらい 車で松田ダム湖へ 9:04 登り始めます 山の空気は 心地いい さすがに 大晦日、そして 人があまり 行かない 道筋 すぐに 急な坂登りの 連続 赤雪山 登頂 この日は 寒波が収まり 午前中は 風が 止んでいます しかし 岩場の多い 急斜面が多く 緊張感の連続 目標が 二つに分かれ カワチ君が下... 続きを読む?

奥多摩渓流ウォーキングトレイル

ずっと曇っていて ぽつんぽつんと雨 そんな 日が 一週間、、、、 やっと少し 薄日のさした 昨日 ツアー前の トレーニングとして ひさびさ 奥多摩を 歩いて きました 歩きすぎてはいけない ハードなコースでもいけない そして 心地よく 歩けるところ奥多摩ウォーキングトレイル 奥多摩駅〜奥多摩遊歩道〜数馬峡遊歩道〜白丸湖畔遊歩道〜 鳩ノ巣渓谷〜松の木尾根を通り 古里駅への10km弱 7:30の電車に乗り、拝島、青梅で乗り換え 9:30奥多摩駅へ 去年 真夏のかんかん照りの時に 歩いたコース 今年は初秋の いい時期を選びましたが まだ 紅葉には ちょっと早かった 澄んだ上流の川の流れ 湿った心地よい木々の佇まい ごろた石や 岩場、草 や土の 凸凹の上り下りの道 バランスをとりながら 滑らないように注意をしながら いいトレーニングになります ひさびさ 歩いて 山歩きの 心地よさに 心が 解放 さ... 続きを読む?

高千穂峡

高千穂神社を あとに 道の駅高千穂で 食事 雨が ひどくなっていく中  くねくねくねった道を下りながら高千穂峡へ 五ケ瀬川にかかる渓谷です やはり 雨のため 増水し ボートには 乗れません 駐車場から 高千穂大橋までの 1kmの遊歩道を 歩きます おのころ池には大きな蝶鮫が たくさんいます                   次回は この渓谷の 景色を ボートで下から 撮りたいです ... 続きを読む?

富士山を見たくて 山中湖へ

以前富士山に行ったのは 2015年10月 富士山の五合目まで バスで行き そこから富士山駅まで 降りてきた逆富士登山 また富士山を見に 行きたくなり 山中湖からの富士山を見ようと 朝 5:30 に家を出て まだ暗い 青梅街道を 走り 新宿へ そこで 自転車を折りたたみ バッグに入れて バスタ新宿から 7:15河口湖経由山中湖行きへ 乗車 この路線は 折りたたみ自転車OKと電話で確認済みです 日曜日、まして3連休の一番天気のいい日 バスは満席 大勢の若い人たちは富士急ハイランドで下車 9:50山中湖旭ヶ丘バスターミナル到着 山中湖には 富士山を 望める 自転車道が ありますが まずは 脚が元気なうちに 三国峠方面にある 富士山パノラマ台へ 向かいます そんなになだらかそうの見える坂ですが やはり 20インチの ミニベロでは ツライ やっとの事で ヘロヘロに なりながら パノラマ台へ ... 続きを読む?

石尊山から 深高山 ピストン

昨日の山歩きの翌日 またも 山歩き いつか 高野山から熊野までの熊野古道を歩く場合 3、4泊の行程なので 連日の山歩きはその練習です 9:00にまた カワチくんが 迎えに来てくれて 昨日登った 仙人ケ岳の反対側に 入ります 9:20まずは 登山口の 神社に お詣り この辺の山は 最初から かなりの急坂を登ります かつては 女人禁制のお山でした この日は 平地でも 風が強く 山へ入り 尾根までたどり着くと もうゴーゴーの強風 狭い痩せた岩だらけの尾根 足を踏ん張らないと 風で持っていかれます 遠くに見える 赤城山は 美しい姿を隠し 雲に覆われています こんな日は 風が強い 石尊山手前の 祠では 夏の夜中 火祭りが行われ 下界からも 見えるといいます カワチくんの 記憶では 小学生の時の ハイキングで 登ったといいます こんな急な 狭い岩場を 小学生で登ったとは 桐生の小学生は す... 続きを読む?

桐生 仙人ケ岳

実家に帰って 2日目 晴天 朝から やはり北風 赤城おろしが 強い 東京とは 4度くらい違う感じがする 母は 今年 最後のデイサービスに出かける ワタシは 8:30 に 迎えに来てくれたカワチくんの車に乗って 足利市と桐生市にまたがる山に向かう カワチくんは 小学校中学校高校と一緒で 中学校のテニス部では 一緒にチームを組んでいました 2年前 40年ぶりに会い 山歩きを趣味としているとのことで 10月に 両崖山に連れて行ってもらいました 今回も年末帰るので どこかに連れて行ってくださいと お願いしてありました 家から車で 20分 猪子トンネル前の駐車場に車を置き 9:00 ハイキングスタート 駐車場には 何台かの車があり 2人の女性が準備をしている    登りはじめるとは だんだん急になり あっという間に 高台に出て 左に 浅間山、 後ろに 富士山が見えてくる  うっすらと富士山の頭 浅間... 続きを読む?