image

横浜クロスストリート Vol.11

横浜 日の出町
駅を 降りて 京浜急行の高架下を 歩く
こんな風景を 昔見た 子供のころに
そして大岡川を 渡ると 昭和のにおいも 消えていく

image image image

image

image

サハリンが 身体も アタマも 衰弱していた頃
ここで なにか やりたいんです
横浜の 伊勢佐木町で、、、、
といって ワタシたちを連れて行った
横浜クロスストリート

image

あれから4年
ミュージシャン、スタッフ、お客様の助けをえて
行った ライブショー も 11回目を迎えました
お客さんが少なかったり サハリンのパートナーのこと
うまくいかないダンスに 苛立ちをみせたり
さまざまな ことを 乗り越えて の 11回目
続けてこれたことが 成長に繋がっています

今回は
ワタシは 表にも 裏にも出ず
最初から 最後まで 全部 サハリンに 任せてみました
たくさんのダンサーに クロスストリートを知ってもらうため
前回から ゲストダンサー を サハリン自ら 交渉し
今回は ジョルジュ高橋& リタ を招聘

image

クロスストリートの会場が開いてから
会場までの 1時間30分の間の
サウンドチェック、
歌手、ダンサー2組 の計10曲のリハーサル時間の配分
受付、会場作り、飲み物などは
リリさんはじめミッシー、ヤギちゃんのベテラン揃い
すべての段取りを サハリンに 一任し
ワタシは 開場時間の 1時半に 行きました
もう 手馴れたもので 準備万端

14:00 開演
いやあ ワタシがいなかったせいで とても新鮮??
ミユキタンゴ五重奏の 演奏は リラックスしていて弾んでいます

image image image
聞いていても 踊りだしたくなるような迫力とキレ
ジョルジュ&リタは タンゴ創生時代のワタシたちの盟友
17年前の リリさんが作り上げた タンゴ ロコリンドにも参加してくれて
一緒に 黒猫座 その他のショーで いつもやっていた ダンサーです
ミユキさんとも そのタンゴロコリンドで一緒でした
あの 広くはない クロスストリートの フロアで
今日はじめて合わせたミユキタンゴの曲に
客席を沸かせる あのショーマン魂
見ていて 嬉しくなりますねえ
ジョルジュさんが 踊った3曲
ミユキタンゴも 今日が初見 それを バシっと合わせる
すごい すごい

image image image
サハリンも はじめてのミロンガの曲に挑戦
それを含めて 4曲 やっとどのような練習をして
どのように 本番に 望むか という ダンサーの一歩がわかってきたか
パートナーの タキも サハリンに負けじと
毎日シャドウを 鍛え上げたステップ
相手を頼らず自分で踊っていくから 相手に合わせられる

image image image image image

ですから 自分のショーを自分で さばいて
さまざまな ゲストダンサーと 一緒にやって
感覚を 広げていって 欲しいのです

image

今回は クロスストリートはじまって最高の入場者数
お客様の ノリもいい

そしてこの人の歌があればこそ ライブは盛り上がります
ミホコさんの 歌にも かけ声や 声援 手拍子
セディセデミでは あいつもこいつもと微笑ませ
忘却では しっとりと泣かせ
あなたの影になりたいでは うっとりとさせられる
ミホコ劇場 お見事

image

ミホコ 咲きほこる   この 表情の 数々

image image image image image

とくに ミユキタンゴ五重奏の 演奏は 圧巻でした
ミユキさんの MCも ガソリン満タン
いい ライブでした

 

リハーサルから 終演 そして 打ち上げまでの仕切り
サハリン ご苦労サマでした

打ち上げでは いつもモテモテのシー様
リタさんが タイプだとか

image

シバスチャンは 舞踏の 世界で ジョルジュさんの後輩
その後 アダジオ、松明ショー、金粉ショーなど
同じ道を歩いた 同類同士
細かい技に 昔の舞踏の世界に 話が盛り上げっていきます

image

そう ゲストダンサーを お願いすると
さまざまな 話が 人が 広がりますね
これも何かの縁 縁を つむぎましょう

image

成長 しはじめて クロスストリート
出演者の みなさま、スタッフのみなさま
一番大切な お客様のみなさま
これからも よろしくお願い申し上げます

次回は 2018/1/14(日)
ゲストダンサー マウリシオ &コトヨ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です