ミユキタンゴ秋のツアー10日目奈良宇陀「かえでの郷ひらら」

みんながまだ寝ている中

朝8:30にホテルを出て
大倉山ー三の宮ー大阪ー鶴橋ー榛原
と乗り継いで   奈良県宇陀市に到着
朝  三ノ宮で   サンドイッチセットを食べたのに
榛原に着いたら、  もうお腹が空き
むしょうにラーメンが食べたい
駅の横の小さな商店街を入ったところの  みーちゃん食堂で
中華ぞばとにぎり寿司を食べる
ここは   寿司やなのですが、食堂のいろいろなメニューがあり
常連のおっちゃんが   巻き寿司2切れと中華ぞば半分とわがままな注文をしていた
12:11分のバスに乗り
莵田野古市場分水神社前まで  25分\450
そこから徒歩3分で
かえでの郷   ひららに到着
ここは2006年に  廃校になった木造の学校を
地域の要望でそのまま残し
ワールドメイプルパークかえで植物園として整備し
地域づくりをしています

そこの中庭   にある校舎が
喫茶食堂、民芸品売り場になっていて
今日はそこでのライブ

喫茶には昔音楽室で使っていたピアノ
テーブルや椅子は  子供達が授業で使っていた懐かしいもの
ワタシタチが控室に使っていた部屋には太鼓や分度器や量りなどの学校小物がたくさんありました
木造りの床、引き戸、磨りガラスの窓には吉野のいい木材が使われているためか
裸足で歩いて心地がいい
そうだね、昔の小学校は   こんなだったよな
いっぱいの青空に  木造の校舎を見ていると
ゆったりとした時間の流れを感じます
テーブルを少し寄せダンススペースを確保
演奏メンバーは民芸品売り場の方まで横一列に
4:00に演奏が始まりました
控室である教室の扉を開けると   いっぱいの人
演奏にダンスに   ニコニコした顔で見てくれます
お客様の   素直ないいエネルギーが私たちに届きます
心地のいいコンサートでした
バンドネオン奏者北村聡さんのご両親もいらしてくださいました。
キタムーのお母さんの従姉妹は   僕の大学の先輩の長井のボンの奥さん
人のつながりって面白いですねえ
打ち上げは  お手伝いいただいたスタッフの方々と
車で駅前まで行き   あのみーちゃん食堂で
みーちゃん食堂は   裏には大きな座敷、小さな座敷のある隠し部屋がありました
きずし 馬刺し  マグロ尽くし・・・・・本当に美味しいものがたくさん
トイレに行った帰りに   小さな座敷でワタシは眠ってしまいました
よく眠りました    ここがどこだかわからないくらい
みんなはワタシがいないと大騒ぎ
起こされた時は  もう帰るとき
そこから車で20分ほど走り    山の中のお寺に
ここが今晩の宿泊所
住職が   テーブルに地元のお酒を数本並べて待っていてくれました
この日本酒が美味い!!日本酒の梅酒割!!
あーーいつ寝たのか覚えていないよう
大きな座敷に布団が八つ
朝は
こんなチャンスはないと   本堂で写経

シー様は座禅を

心清らかにするミユキタンゴの旅
朝食は~奈良の茶粥   ごちそうさまでした
時間があったら    室生寺    長谷寺   と回りたかったのですが
残念ながら   これから福山鞆の浦へ

宇陀は  奈良県東北部に位置する山間の高原の町
 織田信雄が統治していた城下町
その後    直轄地となり明治時代に
旧街道は   江戸時代からの建物を残しています
規制があり   この街並みは  将来にも保存されます
あの小学校   この街並みを残す   この地の人々の心を感じます
いらしていただきました奈良宇陀のお客様
主催者の勝井さん、スタッフの方々、ご住職
ありがとうございました
いいなあ   奈良の人々
次回は   室生寺、長谷寺
そして伊勢へか   熊野古道へか
夢をかなえるミユキタンゴの旅はつづく
今日は   また歴史の町   福山鞆の浦
東京ー甲府ー御殿場ー西焼津ー四日市ー名古屋ー姫路ー大阪ー小野(滋賀)ー大阪ー神戸元町ー
奈良宇陀1133キロ



◇10月1日(火) 鞆の浦「ホテル鴎風亭」 
広島県福山市鞆町鞆136 (鞆の浦温泉) TEL: 084-982-1123 
会場:コンベンションホール 羅針盤 
18:00~お食事 19:30開演 ¥12,000(お料理・お飲み物込) 
※当日ご宿泊の方は、別途¥10,500 
※JR福山駅17:15発 送迎バス有り(予約制