image

タンゴの節句ツアー2017 アクロス福岡円形ホール

小倉の朝は 雨上がりの 曇り空
6:30に起き 荷物をまとめ
9:00 こーちん&ケイトさんが迎えに来て
谷本家で 大きな車に乗り換え
11:00前に アクロス福岡 到着

水鏡天満宮横の カレー屋さんで 昼食後
楽屋に戻り 衣装の準備をしていると
差入れが たくさん ありました
美味しいサンドイッチ 洋菓子
そして 奈良からは マジーさんが
あの奈良公演の時に 会場で販売されたバームクーヘンと
奈良の日本酒 5本も ありがとうございました

image image image image

会場作り リハーサル

image image

さあ 最終公演
チケットも もう完売 開場30分前には たくさんの人が並んでいます

image

カメラマンのじゅんぼうさんも いつもの2台のカメラのほか

中学の時にアルバイトをして初めて買ったペンタックスのフィルムカメラも持参                ちびっ子カメラマンたちも 準備完了

image image

楽屋の ホワイトボードには 激励の 絵が

image

15:00開演

image image image image

最初の曲は くんぱるしーた から

続いて 踊りで  ご挨拶

image    image

image

牛でございます 鳥でございますの夜明け   から

世界で初 日本語での セリフ入りの カフェドミングエス の 演奏2曲

image image image image image

悪い仲間と レリキアスのダンスは この衣装で

バイオリンで お見事  ミャ〜お  何の曲でしょう?

image image

ワルツ 過ぎ去りし日々 は ミドリの爽やかなイメージで

冬と ぶえのすっ子 の 演奏2曲

image

第1部の 最後は ピアソラから

ゆったり美しい悪魔の恋から   激しい情熱の リベルタンゴへと 色を変える

image image image

 

image  image       image

15分の休憩から  第2部に

image

軽快なポルテニッシモの演奏から フェリシア そしてケンジコーナー

image

谷本&いわつ の ダンス も  6回目    キレています

image

タンゴの歴史の説明から   歩くステップで ぽえま を 踊ります

image

黄金の心は 母心のワルツから  彼女は あんなもの軽快なミロンガ

image

銀色の衣装で 壮大な 悲愴 とこれが王様だ

image  image

image image image

ここからが ファンダンゴス ジェットコースターコース

image

想い  で  心に 染み込み

image

首の差で  お客様も 歌い

image image

我が愛のミロンガで 手拍子  歓声の嵐から

パシエンシアへ

image パシエンシアああああ ラビだエス足

ありがとうございました       第2部終了

アンコールに 40年代のミロンガを

image image

タンゴの節句ツアー2017   終了いたしました

福岡の皆様  ありがとうございました

image   image

 

楽屋でかんぱい

image

そして 支えていただきましたスタッフの皆様と 打ち上げに

image image image

15年   16回   皆様とご一緒に やってこられました

各地のご来場いただきましたお客様  支えていただきましたスタッフの皆様

そしてメンバーの 皆様       ありがとうございました

image

本日5/7日 ガフェバー atomaで

タンゴの節句番外編  atomaミロンガ あります

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です