タンゴの節句ツアー2018 5日目 小倉北九州芸術劇場

小倉の朝は 快晴
今日は 地元 北九州芸術劇場
ちょっとキンチョウなのか 早く目が覚め
ホテルで たっぷりの朝食をとり

歩いて15分のところなので
10:00過ぎには 到着

  

昨夜のラジオ深夜便で 音の絵本人魚姫をやっていました
そのせつない物語に 感動した朝に 人魚姫に出逢いました

設営スッタフは 9:00から 働いていて
照明 音響の チェック中です
タンゴの節句 を支える スタッフたち

タンゴカメラマン ジュンボー

名調律師  オッチー

タンゴの節句の司令塔 エジー

彼らに支えられ タンゴの節句が 17回つづいています

北九州芸術劇場の床は 継ぎ目もなく 硬く
靴底へのタッチ感もよく 大好きな 床です


その床で いわつさんに 個人レッスン
いわつさん タンゴの踊り 本当に上手になりました

北九州芸術劇場の楽屋は
ダンサーには 一人一室 与えられるので
のんびり アイロン掛けをして衣装を整えていると
ゲスト歌手 KaZzma 登場


リハーサルへ

熱気あふれる  リハーサル

リハーサル後も  舞台裏で 練習

15:30 開演
もう数日前には チケットは売り切れていて
当日キャンセル待ちのお客様も 大入り満員
歌手 KaZzma 登場のため 演目多少 変わりましたが
ダンス部門は そのままに

衣装を変えての 踊りに お客様 大喜びでした

そして KaZzma  歌う 吠える  迫力   声の力のすばらしさ

アンコールから またまたアンコール

そしてタンゴの節句北九州芸術劇場  最後の ポーズは

お疲れ様でした  あーーー楽しかった

小倉のみなさま  ありがとうございました

終演後  ホテルに荷物を置き  中華梅子 で打ち上げ

前半戦 終了

後半戦 5/4 大分ブリックブロック

5/5 宮崎市民文化ホール

5/6 福岡アクロス福岡  にタンゴの節句お届けいたします

後半戦 乞う!ご期待!!