ミユキタンゴツアー2014最終章 横浜エアジン

木曜日の夜に 東京に  戻り
金曜日は  洗濯と  衣装と 靴のメンテナンスに追われ
久々の   吉祥寺クラスを楽しみ
土曜日は
早朝のレッスンの後
仙川劇場に風煉ダンス(フウレンダンス)の「まつろわぬ民」を見に行きました
この舞台  本当に あっと驚くような 壮大なバカバカしい舞台美術 涙なくしては見られない
真実を語るストーリー 見事な白崎映美さんの歌と音楽 今回も 感動しました
まだ一週間公演しておりますので  ぜひご覧ください

そして日曜日  日々の日常を取り戻せないまま というか
気分は ずっと ツアー中のまま 最終日の  横浜エアジンを迎えました

2,3日ぶりに見る  メンバー
14日間  寝食をともにしたメンバーです  
ツアーの疲れ 日常に慣れない疲れも すっ飛び  
身体は  自然と  臨戦体制に なってしまいます

13:30入り時間と聞いていたのですが
行ってみると メンバーは勢ぞろいで 楽器も リリさんの衣装もスタンバイ
あれえ  こんなにやることの早い人たちではなかったのに
みんな 会いたかったんですねえ 演りたかったんですねえ

横浜なんでも音楽祭ということもあって
馬車道通りには  ジャズや 演歌が  生のライブで鳴り響いています

エアジンは満員で  立ち見のお客様も出ています


狭い エアジンの ステージも 熊本TowFiveに比べれば  倍はあります
満員のお客様に狭いおもいをさせて作ったダンススペース
お客様の身体やメンバーの譜面を 寸止めでかわしていくテクニックとスピードで
17曲中 12曲  ダンスに歌に おしゃべりにと  絡ませて頂きました

このスペースで 踊るとどのように かわしていこうかという面白さもあります

さすが 14日間ギュッと 詰め込んで鍛えた 演奏は 見ごたえがありました
繰り返し 繰り返し 人様に見せても恥ずかしくないものを
真摯に  繰り返し 演る
このツアーで  ワタシは  ミユキタンゴツアーが
比叡山の 千日回峰行 に 通ずる ものが あるような気がしてきました
2008年から ツアーに参加して 6年
繰り返し繰り返し全国を 行脚し 全国の皆様に タンゴをお届けいたします
来年も ツアー 楽しみにしています
全国の皆様に  お会いできるのを 楽しみにしています
メンバーの皆様とも 寝食をともにし  修行に励めることを 喜んでおります
ミユキタンゴ秋のツアー2014  お疲れ様でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です