タンゴの節句2014  4日目 下関

広島から  メンバーの車と
同行の カメラマン 中島純さんの車で  下関に
今までは  下関幡生の  下関酒造の 酒蔵  での  ライブであったのですが
そのライブハウスが  使えなくなり
今度は  川棚温泉に あります  川棚の杜コルトーホールでのライブです
酒蔵ライブでは
下関酒造のお酒や ビール フグ寿司 唐揚げ おでんなどの 屋台が並び
開演前の  ロビーでの  ひとときが  宴会のようでした
開演の  時には お客さんが デキ上がっていて   すごい高いテンションから始まっておりました
今回は  それが 新たなる場所から  どのような展開に なるのかと 思いましたが
俳人山頭火が 愛した  下関川棚温泉に
また  公演旅行で 訪れた フランス人 ピアニスト  アルフレッド・コクトー
その物語と絆によって建てられたコクトーホール

そこへ 川棚温泉交流センターの協力をえて
ここでも  地酒「おおかわち」と 様々なおつまみが  出されました
この「おおこうち」田植えから収穫まで参加でき
そして そのお米で出来た地酒「おおこうち」をいただける  オーナー制ができています
芳醇な香り、口の中に広がる ほのかな甘み
それが一口目、二口目、三口目と 飲むほどに味が変わっていきます
三口目を 味わったところで  思わず「ふーーむ  美味い!」

さすが ファンダンゴス     下関酒造の楽しさを残す工夫を
たくさんの方々に  支えられながら やっていました
広島から  途中のSAで  食事も取らずにやってきた訳
この 川棚温泉にある  瓦そば、うなぎ飯を味わうため
あの食いしん坊の  ファンダンゴスが  脇目も ふらずにやってきました

下関酒造のときと同様に
音響スタッフ、照明スタッフ、会場作りスタッフ、物販スタッフと
たくさんの方々が   働いてくれます
会場も出来上がり
余裕のあるファンダンゴスは  演奏の練習よりも
自発的に   ダンスの練習に 取り組みます
ダンスを踊るようになってから  その演奏のリズム感も  グングンと変わって来ています
そんなにたくさんの 時間は取れませんが
リハ前の  ひととき   練習しましょう
 

本番では   ワタシたちが  頑張ります
CD 写真集  ケンリリ手拭いの3点セット も おかげさまで  売れております
お帰りになられるお客様たちから
今回は  おしゃべりも  歌もなかったので   さみしいです
の 温かな声
ダンスに  専念して おりました
今後   他の会場で
ワタシの おしゃべり  歌を ご披露いたします
前半戦  北九州、広島、下関 と おいでいただきましたお客様
後半は   また  新たなる「タンゴの節句2014」を展開して行きますので
どうぞ  何度も  お運びくださいますよう お願い申し上げます
5/2(金)大分  ホルトホール大分 小ホール    大分市金池南1-5-1
開場18:00   開演18:30
ここは   踊ることもできますので  ぜひ  いらしてくださいね
踊れない方も   ライブの中で   タンゴの踊り方を 教えますので 試してください
5/3(土)八女  広川町産業展示会館   福岡県八女郡広川町大字日吉1164-6
開場14:00   開演14:30
5/5(月)  福岡   アクロス福岡 円形ホール  福岡市中央区天神1-1-1
開演18:00   開演18:30
5/6(火) 
開場13:00   開演13:30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です