ツアー新潟十日町~秋田へ

新潟十日町「ALE  ピザ&ビール」での夜の部
昼間同様  たくさんの方々がいらしてくれました
このお店は  料理が美味しく
各地のクラフト生ビールを揃えているので
開演前に  もうみなさんたっぷりと ご賞味されていました
夜の部では
昼の部になかった  ワタシの歌「砂混じりの喉」を入れ
オブリビオンでは
地域おこし協力隊のホタル鑑賞会に行ったムロアヤさんのフルートに代わって
オーナーの高木さんが  サックスで参加

これがまたすごいんですよ

さっきはじめて譜面を見たというのに
お客さんは  大喜び
このオーナーの高木さんも
ムロアヤさんと同じく  地域おこし協力隊だったそうで
3年の任期を終えた後 この地で 何をやろうかと考え
昔から好きだった  シカゴ風のピザのお店を出したそうです
知り合う方々が  本当に素晴らしい  面白い
宿泊も  このお店の持っているアパートにお世話になりました
打ち上げも   このお店の料理とお酒
ビールは
猪苗代ビール ヴァイツェン (福島県) <白 フルーティー アルコール5%>
バナナの様なフルーティーな香りとほんのりとした甘さがあり、どなたでもすっきり飲みやすいビールです。

志賀高原ビール (長野県) AfPA(アフリカンペールエール)<ゴールド すっきりとした苦み 5%>
通常のIPAに比べ低めのアルコール度数でホップの香りがしっかりとあり、すっきりとしたのどごしです。

スワンレイク (新潟県) アンバースワンエール <赤 ほどよい苦み 5%>
アメリカ産ホップの苦みと芳醇な味が特徴。 インターナショナルビールサミット98で世界第1級のビールに
評価され金賞に輝いたビール。

伊勢角屋(三重県)マスカットウィート <ゴールド フルーティー 5%>
マスカット果汁を使い、レモンの果皮をアクセントに加えた爽やかなビールです。

いわて蔵(岩手県) 牡蠣スタウト<黒 スモーク感 7%>
伝統的なアイルランドのビールであるオイスタースタウトを再現したもので、三陸広田湾で水揚げされた新鮮な牡蠣の殻と身を煮沸釜に投入してつくられています。生臭さなんて全くないです!うまみがつまってます。

もう  ビール好きの ミユキさんは  至福の表情
あまり最近ビールを飲まないワタシも
何杯も  お代わりしました   香りと 口触りが  とてもいいんです

そして  ご自慢のピザ
パイのような高さを持った生地に たっぷりとチーズを乗せて焼き上げる
シカゴスタイルディープディッシュピザ
トマトソース、イタリアンソーセージ パルメザンチーズが  乗ったやつやら
それに赤玉ねぎ マッシュルーム ピーマンが乗ったやつやら
バジルソースのやつやら  次から次へと



タコスミートサラダや  キノコのマリネ
自家製ピクルス   チーズスティック・・・
ビールが  ワインが   止まりません

ホタル鑑賞会に行っていたムロアヤさんも帰還
たくさんのホタルに囲まれて  すごい幻想的だったそうで
次回は  ツアーに  ホタル鑑賞会を 組み入れる予定です
お客さんたちも
次回は  雪まつりに来なさいよ  とか
ウチは  民宿やっていて
気に入った人しか泊めないから
あんたたち  来ていいよ  とか
温かい  お言葉
また 来ます  十日町
みなさん  ありがとうございました
アパートに行き
またメンバーだけで  の 二次会
明日は秋田へ
日本海を 通って行くか370キロ
郡山に戻り  東北自動車道を通り秋田に行くか600キロ
どちらの道を選択するか  悩む  ミユキさん
以前秋田まで日本海側を通って行ったことがあるのですが
一般道を通ったり
高速道路といっても
一車線で  
トラックに遮られゆっくり進むしかなく
あわや トイレ危機一髪 という経験もあるワタシたちのツアー
日本海側を行くには  トラウマがあるのです
ともかく   朝 8時には 出発
みんな緊張のあまり  寝られません
決心は固い
600キロを走り   秋田に向かいま~す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です