ボランティア

クラスの 理学療法士の  オッキー の 紹介から
年に 何回か   都内の  いくつかの  ケアハウスで 
 ボランティアの タンゴショーを 行っています
最初の頃は  ワタシたち  二人だけで  
CDで  ダンスを 踊り  お話を したりして いたのですが
やはり  皆様に  生の楽器の音を 聞いていただきたく
ミュージシャンの  方々にも  ここ数年  お願いしております
この日も  サックスのリマさんに  コントラバスのシー様が 来てくれました
荻窪駅から  ほど近い  ケアハウス 
去年は  真夏の  暑い時に  一度 来ています
この日も  ホワイトボードに  アルゼンチンタンゴの文字と
アルゼンチンの国旗が  お出迎えしてくれました
皆さんの 食事が終わり
テーブルを 片付けて 椅子を  周りに寄せ  フロアを作ってくれます
最初に  ワタシたちが  CDで2曲  踊り
リリさんを  持ち上げたりすると   ウォオオ と 驚いてくれます
そしてリマさんと  シー様の  リマタンゴデュオ
どちらも  単音同士 の楽器なのですが  それが  また 不思議な趣きが あります
この二人のデュオで 高田馬場のライブハウスで  ライブを重ねて行っています
3曲  このデュオで演奏  その3曲目に  ダンスで 絡み
スタッフの  方を  誘って  ダンスの 講義
はじめての  スタッフの方も  すぐに踊れるようになりました
そのあとに  歌姫ミホコさんの 登場
今年の4月の  「リリケン波止場」でミホコさんに 歌ってもらってから
その歌声に 惚れ込み   武蔵浦和のタンゴショーでも、武蔵境のタンゴショーでも
歌っていただき、ミホコさん自身も タンゴのレパートリーを広げていっています
そして  このボランティアにも  ここ数回  参加して いただいています
ボランティアでは  タンゴの 歌ではなく 日本語の歌を
恋心  船頭小唄  と  みなさんも  ご存知なので  口ずさんでいます
船頭小唄、、、ミホコさんのハスキーな声と  リマさんの サックスが絶品
そして 歌詞カードが  用意され   全員で ふるさとの大合唱
これも  ミホコさん、シー様の コントラバス1本で  歌うんです
大きな声を出して  歌うというのは  いいですね
そして 日本の歌も いいですねえ

ミホコさんが  加わってくれたおかげで
レパートリーに 厚みが  加わりました
ダンス と 歌 と  演奏が  一緒になった  いい一座が 組めました
みなさんも 大喜び で 中には  感極まって  泣き出す人も
ワタシたちが  出て行っても  手を振って見送ってくれていました
オッキーから 話を受けた 6,7年前 二人で  はじめ
ミュージシャンの方が  加わってくれ
今年は  歌手の方が  加わってくれました
人と 人の 出会いが  新しいものを 楽しいものを どんどん生み出してくれます
みなさんとの  出会いに  感謝します
ここから  産まれた 話
12/30(火) 入谷なってるハウス  リマタンゴトリオに 
ワタシたちは ダンスで参加するのですが
急遽  ミホコさんが  歌ってくれます
リマさんが  リクエストした あの日本の名曲と タンゴの名曲を
この日は  終演後 なってるハウス 忘年会も 兼ねていますので
ぜひぜひ おいでください
数年ぶりの  リマさんの  オデンが  出るそうです
リマさんのオデン   絶品です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です