image

バイオリン王子山中裕平と その仲間たちの饗演

台風 来襲の日
母が 帯状疱疹とのことで 帰郷
親戚 いとこの助けで
医者に連れていってもらい 快方へ
母は歯の具合も 悪く
道路をはさんだ 向かいの 歯医者さんへ
行くのも 困難なため 歯医者さんが 往診してくれています
この歯医者さん は 幼馴染のコーちゃんで
昔の縁で 皆様に助けられています

東京に 戻った翌日 大阪へ
バイオリンの王子 山中裕平さんのリサイタル
大阪 ザ フェニックスホール
山中裕平さんが
チェコのピアニストマルティン カシークさんと
ベートーベン、ショパンとクラシックを聞かせ
ミユキタンゴ五重奏➕ケンジ&リリアナで タンゴ
そして 彼のプロジェクトバイオリン忍者音楽活劇と続く山中裕平ショー
バイオリンシリーズは 去年フランスでも好評を博したとのことで
ワタシも 見るのが 楽しみです
東京では 7/10(月)銀座王子ホールで やりますので
ぜひ みなさま お出でください

imageimage

朝 早起きして 慣れないラッシュの時間に 電車に乗って
それでも 待ち合わせの1時間前 8:30東京駅に到着
なぜかというと 10:00発の新幹線の指定席券を
5人分買って ワタシが 持っていたのです
もし 人身事故や 何かで ワタシが 遅刻すると
みんなが 着かないという 心配が心から離れず
1時間前に 東京駅に 着いてしまいました
地下のBuRdigara expressで コーヒーを飲み
9:30に 東海道山陽新幹線乗り換え中央口で待ち合わせ
イチロウさん 、ミユキさん、シー様、リリアナさんの順で到着
川波さんは 九州から 乗り込んでくる予定でしたが
急病のため キャンセル
急遽 バンドネオン仁詩さんが 代演に
そんなこんなで 朝早くから大忙しだった ミユキさん
朝9:40 ワインを買う リリアナさんの後ろで もう飲んでいます

image
朝から 大変でしたでしょう ゆっくりお飲みください

image

10:00発ののぞみ221号に乗り 大阪へ
コントラバス、ギター、衣装の大荷物のため
一番後ろの席 横一列
方や ビール、ワイン組

image image
ワタシとイチロウさんは 持ってきたカメラを出し合い
カメラ談義をして いるうちに 12:36 新大阪へ到着
新大阪ー大阪駅 歩いて フェニックスホールへ

image

到着すると もう 王子は 朝から 仕込みとリハーサル
今は バイオリン忍者音楽活劇のリハーサル最中
この音楽活劇の舞台機材が たくさんコンテナにあります
ワタシたちは 5Fの楽屋で 衣装を準備
シー様と ミユキさんは 大阪駅地下街で 串揚げで 一杯
15:00代演のバンドネオン仁詩さんが到着

image
15:30タンゴ組のリハーサル前に
全員でのフィナーレの 練習
忍者、ボイスパーカッション、音叉、尺八、太鼓
水晶パフォーマンスの方々、ミユキタンゴ
総勢10数人の フィナーレ

image image image image image
そして 生音での タンゴのリハーサルは
サメと 冬の2曲
そのあとも 王子は クラシックのマルティン カシークさんとの
リハーサルが続きます

18:30 開場 満員のお客様
ワタシはバルコニー席で
第一部のベートーベン バイオリンソナタ第9番イ長調
作品47 「クロイツェル」

image image

この日は アクシデントが 多かった日です
川波さんが 急病で 欠席 で代演に仁詩さん
クラシックのピアノ演奏では
ピアニストの横について 譜面をめくる人がいます
その方が 急遽 ダメで その代演に ミユキさんが
クラシックが弾け 譜面が読める人ではないとダメですからね
生の音の響きのいい フェニックスホール
王子の 綺麗な佇まいのバイオリンが 響きます
第三楽章からなる長大な曲
バイオリンとピアノが 対等に渡り合うような
やりとりに 心を奪われます
第三楽章に 入ったところで またまたアクシデント
演奏中に 王子のバイオリンの弦が 切れます
張替えに 楽屋に戻っている間
マルティン カシークさんは ソロでショパンを聞かせ
お客様を 飽きさせません
王子も戻り ベートーベンを 終演へ

image image

休憩後 第2部
カシークさんの ショパンのピアノ演奏の後
ミユキタンゴ
この日のために 王子は タンゴ用の衣装、靴を準備
様々な パーツからなる アルゼンチンガウチョの衣装
ジャケット シャツ パンツ スカーフ カマーベルト 腰ミノ
などなど さまざまな部分を 身につけるのに四苦八苦

image image
バンドネオン仁詩さんは さすがに 川波さんの衣装は 入らないため
自分の衣装と スカーフ、カマーベルト、腰ミノなどを使い
みんなの 衣装と 合わせます
全員が ユニフォームを着ると 緊まります ミユキタンゴ五重奏

image

今回は クラシック、タンゴ五重奏、音楽活劇と
楽器の位置 音響装置 小道具などの 転換
裏方さんが大変だったと思います
ワタシたちは 冬だけの出演だったので
いつもより 長く 最初から 今回は入りました

image image image image

第2部の舞台転換から ワタシは 舞台前の席で写真撮影
そのまま冬を踊り また席に着き
第3部 バイオリン忍者幽兵音楽活劇
さまざまな 音と光と 映像を駆使しし
異次元の世界に引き込んでいきます

image image image image image image image image
そして全員でのフィナーレへ
この素晴らしい山中裕平ショーは
来週7/10(月) 銀座4丁目 王子ホールで 行われます
ぜひ みなさま ご覧ください
http://www.ojihall.jp/concert/calendar/2017_07cal.html

朝から リハーサル、本番を 同じ集中力でこなし
段取りから 裏方までの 対処と気配り
そして クラシック、タンゴ、インプロの
変幻自在なバイオリン演奏を通じてのたくさんの仲間たち
山中裕平さんの 世界は その心のように 深く 広い

終演後 お客様を送り出し
ホテルにチェックイン後
北新地の ラウンジバーを 借り切っての 打ち上げ

image image

 

image
みなさま ありがとうございました
お疲れ様でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です