タンゴって何????

むかし   三田誠広さんの 小説で「僕って何?」という小説があった
1977年ころ   学生運動も終わりを迎える  
そんなときに  あの頃の  学生は  少なからず  「僕って何?」と感じていたようだった
ここ  30年以上   タンゴを聞いている
タンゴ以外は   あまり聞かなくなったかもしれない
タンゴの音楽に  あう  ダンスを 教えている
当たり前のように  踊れる
あんなステップも   こんなステップも
かつては  タンゴの映像は  手に入らず
来日する  タンゴショーを  食い入るように  見ていた
たまたま 手に入った  ビデオは 擦り切れるまで  見ていた
今は たやすく YouTube  とかで  手に入る
あの  食い入るように  見ていた  心が  懐かしい
飢えた  心が  さまざまな  想像を  膨らませてくれた
今は  ただ  うまいだとか   ヘタだとか
想像が ・・・・・・なくなって・・・・
「タンゴって  何?」
長い間やっているから  わかるっていうものでもない
ビギナーズラックはあるけれど  長くやっていたものに  突然の幸運はない
「タンゴって何?」
そんなときに なってるハウス で  「タンゴって何?」というイベントが あった
なってるハウス  と  円盤の  主催で
タンゴの  貴重な  レコードを  かけ  
この時は  円盤の 主催者の方が  たまたま手に入れた  キンテート・レアルのレコード
音楽をやっていても  キンテート・レアルの音に  ぶったまげたらしい
そして  なってるハウスで 5組のミュージシャン の タンゴライブ
それぞれの  ミュージシャンに タンゴをお願いして  それぞれが30分演奏する
ピアノ、バンドネオン、バイオリン、コントラバスといった
現代タンゴで 使われている 楽器が  少ない
ギター、キーボード、ドラム、サックス、アコーディオン、エレキベース、・・・
自分たちの 音楽を 封印して
いや   自分たちの  音楽に  新しいタンゴを  勉強して・・・
百戦錬磨の  ミュージシャンたちも  タンゴという音楽に対して 殊勝になるような
ライブに  新鮮な空気が  張り詰める
開場17:30 開演18:00 ¥2500
「タンゴってなんだ?!」
・F.L.Y.
・MELT(沢田穣治、マルコス・フェルナンデス、植野隆司)
・●子は、今(丸尾丸子バンド from京都)
・LimaTango!!
・輿石バッキー智弘(sax) 熊坂路得子(acc)DUO 

円盤となってるハウスの共同企画「タンゴってなんだ?!」の第3回。出演者全員タンゴをテーマに演奏をしていただきます。
2日目(26日)は高円寺の円盤で阿保郁夫さんを迎えてのレコード鑑賞会です。

タンゴに  合わない楽器で  タンゴをやり遂げた バンド
おのれの  ロックの魂を 貫きながら  タンゴのフレーズを入れるバンド
あーー  タンゴの  始まりは  こんなんだったんだろうなあーーー
今は  定まった  形  技術で  ある  タンゴ
でも  最初は   さまざまな  楽器で  試行錯誤しながら  
生み出されて行っったって  タンゴ
私たちは  幸運に 有数のタンゴバンド 、タンゴミュージシャンの方々と 
踊らせてもらっています
でも いつも  思います   「タンゴって何?」
面白い企画です
みんなで  考えましょう
タンゴって何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です