ブエノスアイレスツアー 5日目

ヨーロッパを 荒らし回った
嵐を呼ぶバンド トリオ ロス ファンダンゴスの
到着が近いのか
朝 4:30から ものすごい 大雨 雷
雷の音も すごいが 屋根に打ちつける雨の音も半端ではない
まるで 太鼓の中で 寝ているよう
ファンダンゴスが 近づいている

朝になっても 大降りの 雨
ネグラ婆ちゃんの食堂に 行くと 婆ちゃんの姿があり
喜び勇んで 店内に 飛び込んでいった
婆ちゃんは また 会えて嬉しいと目に涙を浮かべて 喜んでくれ
「もう 年をとって辛くて辛くて
毎朝バスに乗ってここに通って来るだけでも
バスの乗客が拍手するんだよ いやだねえ 年とるって、、、」
と 相変わらず ネグラ婆ちゃん節を披露してくれる
元気なだけで 嬉しいよお

image

チキンのネギクリームソース と パスタソースミックスimage image

今日は 何の日か わからないですが 祭日です
リリさんの 衣装の仮縫いに 行った後
ワタシの 服を 袖を直してもらったものを取りに行ったにですが
店は休み、、、、明日取りに来ると言った時に 休みだと言えよ!!!!
そこから 地下鉄に乗り オベリスコの コンフェテリア イディアルへ
金曜の昼は 友人の ディエゴ&ゾライダが やっている昼のミロンガ
祭日のせいもあり 早い時間から 満員です
ここの 人たちの 踊りは ものすごい 個性 個性個性の凝縮です
これを見ていると クラスで こう踊りなさいなんて いえなくなります
何が いいんだか 悪いんだかの 基準が ありません
世の中が どう変わろうと オレの踊りは変わらないぜという輩ばかり
見ているだけでも 面白い この空間にいること自体 面白い

image

19:00 サンテルモに戻り 宿の隣にできたロシアレストランに
もう中が ロシアというよりも ソビエト連邦 その名も CCCP

image image image

ボルシチ、ニシンの燻製、サラダ

image image

それに ペリメニという 壺入りの 餃子とサワークリムとキノコと玉ねぎ入り

image image image
食べ過ぎた

食事をしていると エドゥアルド・カップシーとマリアナ・フローレスが 通りかかり  ワタシたちに 気づきます。久しぶり!ここの料理は美味しいかい??と 再会を喜びます

街角で 何気なく コミックダンスの巨匠に 会うのも ブエノスアイレスならではの 楽しさです

夕食後 30分寝て 歩いて1ブロックの チャカブコにあるライブハウス@PISTA   URBANAに
ピアニスト大長シノさんの CD発売ライブ
東京のエルチョクロを ふた回り大きくようにしたようなお洒落なライブハウス
高野さんご夫妻 井上バクさんご夫妻 ダンサーのミサキちゃんはじめ
日本人のお客様も入れ 7〜80人、ギシギシの満員状態
シノちゃんの師匠 ニコラス・レディスマさんも最前列に
シノちゃんの ピアノソロ の他 バイオリンとのデュオ
後半は コントラバス、バンドネオンを入れた四重奏
雨上がりの寒い夜空に 熱気のあるステージ

流暢な カスティジャーのを駆使して 会場を沸かせていました

image image

その後 タクシーを拾って ミロンガカニングに
カニングまでのタクシー代は 110ペソ
久しぶりの カニング
入り口で スタッフのオラシオに会い
よく来た 入れ入れ と 招き入れられました
あーー知った顔が たくさん
オーガナイザーのオマール・ビオラ、エルネスト・バルマセダ、
グスタボ&マリア、エルベソのオーガナイザー スサーナ、
カロリーニョ、カメラマンのダニエル、巨匠コページョ、
エンリケ、フェルナンド、、、、、、、、、
よく帰ってきたとたくさんの人に 温かく 迎えられました
うれしいですね みんな      温かくて、、、、
知り合いのオスカルのデモ
今回 行ったミロンガでの デモを 撮影していますから
クラスの みなさんに DVDにして 差し上げましょう
来週月曜日 ここで トリオ ロス ファンダンゴスが演奏します
ダンサーは ロベルト&ラムさんですが
オーガナイザーのオマールが
「いいこと考えた ,ケンジ&リリアナも踊ってよ!」と、、
どうなることでしょう

image image image image

3:00まで カニングで 飲み 踊り
明日から ファンダンゴスが来るので
できるだけ エネルギーを 残し 早めに 帰りました

さあ、 明日から 怒涛の日々が 待っています

One thought on “ブエノスアイレスツアー 5日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です