母とタンゴと灼熱と

暑い暑い熱い熱い やっと 大好きな 夏が やってきました 実家のある 桐生は 伊勢崎、館林、熊谷と並んで 気温 最高値 を記録する 内陸地 ほんとうに 熱い 、東京が涼しく感じます いつもは 人がまばらな 桐生の街に 8月 3日4日5日の桐生祭りには 50〜60万人の人出があるとな、、、 去年には ブルーインパルスのアクロバット飛行 が あったそうな ワタシが 子供の頃は そんなに大きな祭りでもなかったんですよ 今回 そんな 桐生祭りの時期に 実家に帰ることになりました 母が 肺炎で 桐生の病院に入院したので 様子を見に 帰ると そんな悠長な状態ではなく すぐに 東京にとって返し 荷物を持ってまた病院に 数日前から 熱が出ていて 入院はイヤだと言っていたのですが そんな状態では なかったようで いとこのユカちゃんが付き添って病院に入院 ワタシが行くと 重症個室でしたが 意識もあり スマホ... 続きを読む?

伝説のマエストロ プルポ と 徹夜の 飲み会と

久しぶりに 秘蔵の プルポの DVDを見ました ああ こんなところで こんな使い方をして こんな見せ方をして、、、、 そして あの時 ああだったこうだったと 彼と過ごした 時 を 思い出しました アレハンドロ&クミコの7月の企画 「伝説のマエストロたちの教え」 この日は Norberto el Pulpo あの プルポが 伝説のマエストロのなっちまったよ 日本橋高島屋の すぐ横 @タンゴソル 8階の 窓からは 高島屋の しっかりとした歴史的建物が一望でき ブエノスアイレス いや ニューヨークにいるような雰囲気 20:00〜21:20 伝説のマエストロ プルポのレッスン どのような流れで いくのか アレハンドロ&クミコと打合せ プルポの写真、経歴 、友人からのビデオメッセージ そしてプルポの 踊りの秘蔵のDVD アレハンドロは ブエノスアイレスの人脈を活かし 伝説... 続きを読む?

クリスチャン&ナオ と タンゴオリジェーロと

長年愛用の 無水ナベの取っ手が 取れてしまいました 25年使ううちに 取っ手のプラスチックの部分が崩れ とうとう ゆるゆるになり そして崩壊 使っている時でなくて よかったね しばらく 取っ手なしで 鍋掴みの手袋で使っていましたが やはり そうとう 熱い ナベって 取っ手がないと 本当に使い辛い ものなのです ネットで 調べてみると このナベの 取っ手の部分が 交換用部品として ありました 注文して 取り付けると やはり使いやすい うーーん 取っ手というのは 重要な 役目をしているものなんだ と ミョーに 感心してしまいました ナベという熱くなる部分と 取っ手という熱くならない部分 彫刻刀やナイフでは キレる刃の部分だけでは危なくて 切れない柄の部分があって やっと 役に立つ 全く正反対の 2つが 1つの役割を機能のさせるのだと ロボット工学博士の 森政弘先生も言っておられます カッと熱く... 続きを読む?

令和元年 リリアナ祭

蒸し暑い日が続きます 例年だったら もう 太陽がグワッとむき出し 凶暴な暑さ の真っ只中にいるだろうにな なんて 思いながら 西武新宿線、山手線、副都心線を 乗り継ぎ 雑司が谷 エルチョクロへ 11:30 歌手のミホコさんと リリアナさんは もう来ていて 衣装にアイロンをかけています エルチョクロ さんから 3月にお話があり 7/20 リリアナさんの誕生日が近いこともあり 「リリアナ祭」と銘打ち 演奏は ミユキタンゴバッカス (ピアノ&鍵盤ハーモニカ佐藤美由紀さん、 コントラバス&ピアノ 清水良憲さん) 歌手 ミホコさんと 決定していました 5月のタンゴの節句ツアーでご一緒した 歌手のKaZZmaさんにも 声をかけると 快諾頂き 豪華なメンバーになりました リリアナさんは KaZZmaさんの ギターで そして ミユキタンゴバッカスの演奏で ミホコさんのバックコーラスも入れ... 続きを読む?

横浜クロスストリート Vol.16

歩くということは どういうことなのか? 考えてみる、、、、、 右足 左足を 交互に 前に出す、、、 うーーむ そして とうとう気づいたこと 止まる を 少なく、、、 これが 歩くということ いつも歩いている      歩くことを仕事としている なのに 歩くことは いつも不思議 この5日間 毎日15km 歩いてみた   晴れの日も雨の日も、、 低山歩きが 好きで 歩くのに自信が あったのですが 毎日15km 歩くと 新たな 感覚が 湧き上がります 足に マメができる、足の指が痛い、関節が痛い 、もう歩きたくない、 いずれ 熊野古道、高野山、四国巡礼を 目指して 毎日歩く 訓練を 始めたのですが 歩くって 大変ですね    次は20km 5日間に挑戦 梅雨空の 横浜 黄金町に ついたときには 雨が上がって 少し晴れ間が見えます 伊勢佐木町クロスストリートの 前の通りは お祭りで たくさんの人 ... 続きを読む?

タンゴオリジェーロと ファンギダ&西川真紀子と

金曜日 映画「二宮金次郎」を 恵比寿の 東京写真美術館のホールに 見に行ったきました リリアナさんの 大学の同級生が 監督をし リリアナさんが 結婚の保証人になった 役者の 成田浬 さんが 出演しています 主役に二宮金次郎に合田雅吏 その他に 榎木孝明、田中泯、柳沢慎吾、石丸謙二郎、 田中美里、綿引勝彦、渡辺いっけい などの名優人が出演 日本人みんなが知っている 薪を背負って本を読んでいる像 その二宮金次郎が 貧農の村を 復興させていった後半生を描いた映画 成田浬 さんは 改革していく 金次郎の 反対派の 上司 二宮金次郎の 頭を踏みつけたりする悪役 いやあ 友人ながら なんと悪いやつ と思わせる名演技 見事な 準主役 でありました リリアナさんも 会場のお客さんも 涙 涙 涙 6/28(金) までです ぜひ ご覧ください 日曜日 タンゴオリジェーロ 雨が パラつく中 たくさんのお客様が... 続きを読む?

「待つ」ということ

タンゴアジア選手権大会2019で タカシ&メグミさんが 優勝しました 本人たちも 周りの方々も 日本のタンゴ界も それを待っておりました 何年も前から 彼らの踊りは 素晴らしかった 何年も 前に 優勝しても 順当でした 順当でしたら 順当ということだけで みんなは待っていなかったでしょう その 順当が 叶わぬ 苦しみ 葛藤 それを撃ち抜く歳月に費やした力 それを 周りの人たちも 知っているからこそ 彼らの 優勝を 待っていました その歳月が 彼らの踊りを 身体を 心を より 成熟した ハガネのような強さに 変えていったのを 知っていた おめでとうございます La Collezioneで行われた サヨナラミロンガで 優勝者タカシ&メグミさんのオナーダンスを見て そんな思いを持ち ワタシは 鷲田清一さんの 著書「「待つ」ということ」を 思い出し そして 再読してみました そこ... 続きを読む?