香取神宮と 鹿島神宮 お詣りの旅

オリジェーロの翌日
Y子ちゃんから メールが入っていた
しばらく病気で休んでいたのですが
無事手術が終わり 現在 リハビリに励んでいるとのこと
そんなメールを 受け取って
今まで考えていた 香取神宮、鹿島神宮へのお参りを
しようと 決意 起きてすぐ家を飛び出しました

母を見てくれていた叔母も 入院中だし
叔母やY子ちゃんの快癒を 祈願し
桐生のライブの成功も 祈願し
みなさまの健康とご幸福を祈願しに

東京駅9:40発の バスで まずは香取神宮へ
11:00香取神宮到着
香取・鹿島 両神宮は日本書紀や 神話にも登場する古い神宮
天照大神の命を受け 両神宮の御祭神は 出雲大国主命のところへ行き
国譲りの交渉を成功させたとのこと

雨があがった曇り空の日 空気はひんやり
そのためか 香取神宮は 清廉な 空気が流れていました
気が浄められる 気高い 雰囲気の神宮です

11:40 香取神宮から 2.4kmの香取駅へ歩いて移動
山を越えた田んぼの道を えっさかおっさか


着いた香取駅は無人駅
鹿島線は suicaが使えず
乗車証明を発券し 鹿島神宮駅で 支払いをします
12:22発の電車で 鹿島神宮駅12:40 到着


駅から 歩いて10分の鹿島神宮参道へ
鳥居をくぐり 大門を抜けると すぐ 本殿本殿をお参りし
社務所で ご朱印をいただき
東京ドーム15個分の広い境内
深い木立の中を 奥宮、要石、
透き通った湧き水の御手洗池
雨あがりの木立の中 神秘的な雰囲気にあふれいています

  

奥宮

要石

御手洗池  奥に湧き水があり ポリタンクに詰めていく人々

いい気に包まれて いい気分

朝から何も食べていなかったので

御手洗池の 茶店で

鹿島神宮に奉じる 神の池というお酒と

湧き水せいろ蕎麦で昼食

いい気を養えました

初冬  どこの神宮も 菊花展シーズン

そういえば 京都で この季節 植物園の菊花展見に行っていたな

14:24 鹿島神宮から 高速バスで 東京に戻ります
さあ 茗荷谷のクラスへ